OPEN KITCHEN オープンキッチン

まるい あかり

樹々たちと、ほほを撫でる 風の手ざわりを大切に感じて、幼少期を過ごす。この身から溢れ出すとめどない流れを、まるごと受け止める何かが必要で、紙に向かっている。

現在は写真と書を主な媒体として、一瞬一瞬うつろいゆく光と影を、白い空間や水面にウツして、木漏れ日の面影を探している。いのちのかたち、立ちあらわれる瞬間に たなこころ合わせて、そっと すくいとれたら。

参加年度

Scroll